骨盤のゆがみを矯正する方法・解決策など、骨盤に関わる情報を配信

骨盤ゆがみ矯正辞典 > 外でもできる!歩いて骨盤体操

外でもできる!歩いて骨盤体操

骨盤体操の効果を上げるためには、骨盤体操をしていない間でも正しい姿勢を保つことが重要です。そして正しくない歩き方ももちろん、骨盤に歪みが生じ、骨盤体操の効果を半減させる原因になります。骨盤の歪みを戻す効果的な方法として、歩くこともまた、骨盤体操に含まれます。一本の線が地面に引いてあると仮定し、直線の上に・・・

右足と左足を下ろすように歩くだけでOKです。ポイントはできるだけ大股で、そして速足で歩くことです。
普段歩く時にこの方法をできるだけ実践すれば、わざわざウォーキングの時間が取れなくても、骨盤体操の効果が上がります。この歩き方で骨盤を支える大腰筋が鍛えられます。腰の奥の大腰筋は、加齢や運動不足、姿勢の悪さによりどんどん衰えていくのです。実は大腰筋が衰えることでも骨盤は歪みます。そのため、大腰筋を鍛える骨盤体操も何通りもあります。
上半身と下半身をつなぎ、背骨と骨盤と下半身をつなぐ唯一の筋肉ですので、この筋肉の衰えは骨盤の歪みだけではなく、神経への負担、代謝機能の低下、生理通、腰痛、冷え性の悪化など様々な健康障害や、美容のトラブルを引き起こしてしまいます。脂肪に働きかけるヒップアップエクササイズをしても、あまり効果が出ない・・・という方は、やはり大腰筋の衰えや、骨盤の歪みが原因になっていることが多くあります。お尻が垂れる原因にもなり、スタイルは加速して崩れてしまいます。
普段の歩き方を工夫するだけで、骨盤体操の効果は格段に上がりますので、是非試してみてはいかがでしょうか。

■骨盤ゆがみ矯正コンテンツ一覧