骨盤のゆがみを矯正する方法・解決策など、骨盤に関わる情報を配信

骨盤ゆがみ矯正辞典 > 産後の骨盤はどうなっている?

産後の骨盤はどうなっている?

赤ちゃんが誕生する時は、もちろん骨盤の中を通り抜けなければなりません。 お腹の中で胎児が動くだけでも、骨盤が開き歪んできます。お腹の中で、胎児が成長してくると同時に、母体の骨盤も開いたり歪んだりしてくるのです。出産予定日が近づくと、ホルモンの影響で子宮口が柔らかくなり、恥骨結合も少しずつ開き始めてきます。 それから、赤ちゃんは・・・

横向きになり、骨盤内に入ってきます。

骨盤をつくる左右3対の骨には、靭帯とういう丈夫な組織でしっかりと結びついているのですが、出産が迫ってくると、靭帯は柔らかくなって骨の継ぎ目が若干緩みます。 骨盤以外でも、背骨の靭帯が緩んでしまう事から背中がとても痛くなることもあります。

出産が始まり赤ちゃんが誕生する時、赤ちゃんは母体の背中側へと向きを変えて、排臨の状態になります。この時赤ちゃんは、後頭部が恥骨に引っかからない様、あごをあげて恥骨を通過してきます。そして、赤ちゃんは横向きになり、片方ずつの肩をだし終えると、一気にスルリと出てくるのです。

この様に骨盤は、赤ちゃんが誕生するまで様々な動きをすることで、恥骨結合が緩み、産後の骨盤は必然的に開いてしまいます。 また、仙骨(お尻の骨)も歪むことで骨盤全体が広がってしまうことになります。 産後の骨盤は、緩みきった状態になってしまっているのです。
骨盤が開いた状態で何年も過ごすと、産前にはいてたパンツがきつくなったり、太りやすい体質になったり、ストレスが溜まりやすくなったり、ひどい時には育児に負担が掛かる腰痛等の痛み等を引き起こすこともあります。
美容の面においては、骨盤が広がることでお尻の周りに脂肪が付きやすくなってしまいます。姿勢も悪くなり、同時に垂れ尻の原因や、お尻やウエストが自然と大きくなってくることもあります。 「もう歳だから・・・」と諦めていることは、大きな間違いです。
更には、O脚やX脚による脚の変形を引き起こすこともあり、下半身が太りやすくなったり、膝関節に無理な負担がかかり、将来的に膝を痛めてしまうこともあるので、骨盤を元に戻すことはとても重要なのです。

■骨盤ゆがみ矯正コンテンツ一覧