骨盤のゆがみを矯正する方法・解決策など、骨盤に関わる情報を配信

骨盤ゆがみ矯正辞典 > 妊娠中の骨盤はどうなっている?

妊娠中の骨盤はどうなっている?

女性の骨盤は赤ちゃんを産むために、男性よりも幅が広く、位置もやや低めです。 また骨盤は 1 日の間でも開閉していますが、妊娠中はさらにこの開閉幅が大きくなります。そして出産が近くなるにつれて開く幅が大きくなり、出産時にもっとも緩む(開く)ことになります。 開いた骨盤は、もちろん通常であれば閉じていって妊娠前の状態に戻りますが、骨盤の開閉がスムーズに・・・

行かない人の場合は産後、骨盤が妊娠前の状態まで閉じきらず、骨盤が開いたままとなってしまい、「 冷え性・ O 脚・肥満・バストダウン」などの症状が出やすくなってしまいます 。
特に、高齢出産や大きな赤ちゃんを産んだ場合は、骨盤が元に戻るのに時間がかかる、または戻りにくいといわれています。
そこで骨盤が開いたままの場合は、骨盤を元の状態に戻すことがとても大切になります。産後骨盤が開き、元に戻っていないと思ったら、カイロプラクティックの専門院に診てもらってはいかがでしょうか。

■骨盤ゆがみ矯正コンテンツ一覧