骨盤のゆがみを矯正する方法・解決策など、骨盤に関わる情報を配信

骨盤ゆがみ矯正辞典 > 産後太りを防ぐ基礎知識

産後太りを防ぐ基礎知識

お産の後は一時的に骨盤が開いた状態になっています。骨盤が上手く元に戻らなければ、開いた骨盤の中に胃や腸が入り込んでしまい、下腹部が出たり、お尻が大きくなってしまう原因になる場合があります。開いた骨盤を元に戻す為、妊娠中に弱くなった腹筋や背筋のサポートの為にもまずは産後1?2ヶ月の間、リフォーム下着を・・・

つけるようにしましょう。
(マジックテープ式の産後ニッパーや、生ゴムなどの骨盤ベルト、サポーター、コルセットといわれるものなどがオススメです)

これは締めることでウエストを元のサイズに戻す、お腹を引っ込ませるという意味合いよりも、開いた骨盤、歪みのある骨盤を正常な状態に矯正するということが目的です。ですので、ウエストをきつく締め付けるのではなく、やや下の方に骨盤の上を締めるような感じで巻くといいと思います。

またウエストでなく下腹に巻くことで下腹を意識し自然に腹筋や背筋を鍛えることにもつながるでしょう。

■骨盤ゆがみ矯正コンテンツ一覧