骨盤のゆがみを矯正する方法・解決策など、骨盤に関わる情報を配信

骨盤ゆがみ矯正辞典 > 産後太りと骨盤について

産後太りと骨盤について

出産を終えてしばらく経つと、体重は戻っても体型は戻らないなど、お悩みは様々でてきます。妊娠をすると、運動はもちろん、普段ちょっと体を動かすことも制限されることが多くなってしまいます。また、お腹が大きくなるので、体をねじったりもしにくく、行動もゆっくりになりがちです。それでは当然筋肉も落ちますので、基礎代謝量が減り、カロリーを消費しにくくなってしまいます。なにより、骨盤が開いた状態・・・

なので、お尻が大きくなったり、下腹部が出たりといった原因にもなってしまいます。

骨盤の歪みにより、骨盤を下から支える骨盤底筋群がゆるむと、内臓が下垂し、臓器の機能も低下します。生理痛や便秘の原因、また内臓が圧迫されることによって血行が悪くなり、冷え性にもなります。骨盤が歪めば、内臓が下がり、ポッコリお腹、出っ尻体型になり、さらに股関節も開いた状態になるのでデカ尻やO脚の原因にもなります。

産後は、早くもとの体型に戻したいと、ついつい焦ってしまう気持ちはわかりますが、無理な ダイエット は避けましょう。後から体調を崩したり、基礎代謝がさらに低下して、ますます太りやすい体質になってしまいます。ですから、授乳期の食事は特に、カロリーを気にするよりもバランスを考えて食べるようにしたいですね。基礎代謝を戻さずに、単純にカロリーカットするようなダイエットは厳禁です。そして、開いた骨盤を締めるのにサポーターやガードルをつけましょう。座るときも姿勢を正して座ります。赤ちゃんがお座りできるようになれば、ベビーカーウォーキングもおすすめですよ。

■骨盤ゆがみ矯正コンテンツ一覧