骨盤のゆがみを矯正する方法・解決策など、骨盤に関わる情報を配信

骨盤ゆがみ矯正辞典 > 骨盤を動きやすくする体操から始めよう!

骨盤を動きやすくする体操から始めよう!

いきなり走ったり、ウォーミングアップしていない体でダンベルを持つと、筋肉などに大きな負担がかかり、。トラブルの原因にもなりますよね。また、ダイエットのためのエクササイズでも、ある程度体が暖まってから始めた方が脂肪が燃焼しやすくなりますね。
骨盤体操にも、効果的に結果を出す順番があります。骨盤体操と言っても目的や身体の状態によって方法は・・・

色々あります。既に間違った歩き方や長年の姿勢の悪さや就寝スタイルで、通常骨盤は歪んでいる場合がほとんどです。そしてこの歪みは年月を経て、歪んだまま固まってしまっています。そこで、まず固まってしまった骨盤が動きやすくなる骨盤体操から始めましょう。運動の前のストレッチのようなものです。

具体的な方法をご紹介します。
「お尻歩き」とも呼ばれていますが、真っ直ぐ足を伸ばした状態でお尻を床につけて座り、足首やスネを握ったまま左右の骨盤を動かして前進します。時間は1分程度でOKです。骨盤を意識しながらゆっくり動くことがコツです。ヒップアップ効果もありますよ。
また、肩幅に足を開いて垂直に立ち、カカトや肩はそのままの位置で、片側の骨盤だけを上にあげる動作を、左右交互に10回前後繰り返すという方法もあります。

テレビを観ながらでも行えるような簡単な骨盤体操ですが、このエクササイズを毎日続けることで、固まってしまっていた骨盤は動きやすくなってきます。
骨盤を正しい角度に戻したり、歪みを解消する本格的な骨盤体操の前に、このストレッチ的なエクササイズを行うことで、骨盤体操をより効果的に行うことができますので、是非この体操は頭に入れておきましょう。

■骨盤ゆがみ矯正コンテンツ一覧